導入事例

Client voice
スタッフの情報格差をなくし、一体感のある組織作りを目指していきます。
店舗間、社員、アルバイト間の教育などをsoeasy buddyで行っています。
何度も教える手間やコミュニケーションのロスなどをこのツールで解消できればと考えています。
飲食チェーン
Gaston&Gaspar様
店長 佐藤 翼様
導入前
新人採用後、業務可能な状態にするまで同じ説明を何度も繰り返す手間。店舗間、スタッフ間でコミュニケーションが不足。情報格差が生まれていた。
導入後
新人教育を動画化し、リーダーや店長の時間の使い方を効率化。スタッフ間の距離が縮まり、モチベーション向上を実現。
1
導入のきっかけを教えてください。
弊社は複数店舗展開をしているのですが、店舗間の情報共有がうまくいっていないという課題がありました。
さらに、社員・アルバイトで勤務時間が異なる場合もあるため、同じ情報を全員に伝えづらい・スタッフ同士のコミュニケーションもしづらいという状況にもなっていました。
このコミュニケーションの問題を解決し、なおかつ教育の効率化もできるということで、soeasy buddyを導入させていただきました。
単なる教育コンテンツの配信だけではなく、仕事をしていない間のちょっとした時間に見ることができるコミュニケーションツールとしても有効ですね。
2
どういった運用をしていますか?
基本的には、最初に職場に立ってもらうためのトレーニング動画を用意し、見てもらっています。例えばホールであれば開店準備のための作業手順であったり、キッチンであれば食材の切り出し方であったり。
これによってスタッフの立ち上げの効率化を図っています。
また、コミュニケーションツールとしては、新人の自己紹介から社内イベントの風景や業務連絡まで、社員・アルバイトを問わず自由な交流の場として使っています。
そういったコミュニケーションの中で、社員が必要としているトレーニング動画があると思えば追加で作成しアップロードしていますし、また社員に留まらずアルバイトも含め、こういう動画があったらいいな…という気付きも随時出てきますので、それをカタチにしていければと考えています。
3
どういった効果がありましたか?
まず、課題であったコミュニケーションが大幅に改善しました。必要な情報が各店舗にスピーディに、一気に送れますのでスタッフ間の情報格差がなくなりますよね。
それに文字だけではなく、動画も使えることで、例えば自己紹介一つとってもその人の雰囲気がきちんと伝わります。スタッフ間の距離が大きく縮まったと思います。
また、弊社にはアルバイトが多く、新人の立ち上げにもかなりの工数を使っていました。入ったばかりの人は、必ず1から順を追って教えていかなくてはならなかったからです。それがsoeasy buddyのトレーニング動画を見ることから始めてもらうことで、基本的な知識をほぼ身につけた状態になりますので、より応用的な部分の教育からスタートすることに繋がります。
将来的には応用部分もトレーニング動画化していくことにも取り組んでいきたいですね。
4
おすすめできるポイントは?
弊社はやはり動作を伴う業務が多いので、文字に起こしたマニュアルを読むより、動画で見たほうが断然勉強しやすいという声をスタッフからもらっています。
動画トレーニングを作ったら、アルバイトや社員が出勤した時に「新しく上がったあの動画見た?」と確認し合ったり、感想を言い合うことで、会話も増えコミュニケーションの向上に繋がっているように思います。そういった感想や会話があるからこそ、もっと分かりやすい動画を撮りたいという気持ちも芽生えますし、ブラッシュアップされた新しいコンテンツも増えていきます。これがとても良いサイクルを生んでいますね。
導入支援パックが、今だけ20万円からご利用いただけます。※弊社コンサルタントによる企画&効果検証方法設計支援、大手映像製作会社出身者による製作物支援、等
料金プランなど、詳しくはお気軽にお問い合わせください。